『YouTube完全マニュアル 第3版』本日発売です

YouTube完全マニュアル第3版

「今さらYouTube?」という人もいるかもしれませんが、今からでも全然遅くないです。

YouTubeには、さまざまなジャンルのチャンネルがあるので、必ずお気に入りの動画が見つかります。

視聴に慣れてきた人は、投稿もチャレンジしてください。
特技、趣味、コレクション、なんでもよいです。
投稿を続けていけば、仲間ができますし、その先にはYouTubeでお小遣い稼ぎという楽しみがあります。

会社やお店の人は、仕事場や作業の様子をアップしていくことで、集客・販促効果を見込めます。

動画の撮影や編集が苦手だという人には、ショート動画がおすすめです。
スマホでささっと撮影して投稿できますので。

本書は、スマホやパソコンの操作がわからないという人のために、画面をふんだんに使い、YouTubeでできる一通りの機能を解説しています。

また、人気YouTuberであり、いま話題の本『はかどる神iPad』の著者でもある平岡雄太さんのインタビュー記事も載っているので、お得な一冊となっています。

YouTubeの指南書としてご活用いただければ幸いです。

YouTubeをタスクバーにピン留めする方法

YouTubeをよく見る人は、Windows画面下部のタスクバーにピン止めしておくと便利です。
アイコンをクリックすると、Microsoft Edgeが起動し、YouTubeの画面が表示されます。

▲タスクバーのアイコンをクリックしてYouTubeを表示できる


設定方法は次の通りです。

1)Edgeを表示させ、画面右上にある三つの点をクリックし、「その他のツール」→「タスクバーピン留めウィザードを起動する」をクリック
2)ウィザードが表示されたら「YouTube]をクリックし、[続行]をクリック
3)次の画面も「続行」をクリックし、最後に「完了」をクリック

▲「その他のツール」→「タスクバーピン留めウィザードを起動する」をクリック
▲ウィザードが表示されたらYouTubeを選択する

YouTube動画の視聴時間をセーブする方法

YouTubeは、いろいろな動画があるので、いくらでも楽しめますよね。
ついつい長時間見てしまいがちですが、
ずっと見ていると目によくないですし、
夜遅くまで起きていると翌朝起きるのが辛くなります。

スマホのYouTubeアプリでは、
視聴を止めて休憩または就寝するように促すメッセージを表示させることができます。

YouTube画面右上のアイコンをタップし、「視聴時間」をタップします。

「休憩を取るように通知する」をオンにし、30分、1時間など時間を設定しておくと、
視聴の途中で「少し休憩しませんか?」のメッセージで知らせてくれます。

また、
「おやすみ時間になったら通知する」をオンにして時間を設定すると、
「お休みの時間です」のメッセージを表示して知らせてくれます。

▲右上のアイコンをタップ
視聴時間
▲「視聴時間」をタップ
視聴時間
▲休憩する時間とおやすみの時間を設定できる

YouTubeの投稿動画に目次を入れる方法

YouTubeの動画にチャプターを設定することで、動画の目次を作成することができます。
チャプターとは区切りのことで、次の場面に移動するためのものです。

チャプターが設定されている動画には、進行状況バーに区切り線が表示され、再生中のチャプター名が表示されています。

続きを読む

YouTubeのチャンネル画面にある「フリートーク」タブを非表示にする

YouTubeのチャンネル画面には、視聴者とメッセージのやり取りができる「フリートーク」の画面があります。
この設定についても、『YouTube完全マニュアル第2版』の執筆時から変更されているので補足しておきます(SECTION04-17)。

以前は、チャンネルをカスタマイズ」ボタンの右に「歯車」のボタンがあったのですが、
「動画を管理」ボタンに変わっています。

続きを読む