Microsoft Edgeに「Webキャプチャ」ボタンを表示させて使おう

使っている人も多いと思いますが、最近やり方を聞かれたので書いておきます。

Microsoft Edgeでは、画面右上にある「三点リーダー」ボタンから「Webキャプチャ」をクリックすると、簡単にWebページをキャプチャする(表示している画面を画像として保存する)ことができます。

この操作をするための「Webキャプチャ」ボタンをツールバーに表示させておくと便利です。

1)「Webキャプチャ」ボタンを表示させるには、Edgeの画面右上にある「三点リーダー」ボタンをクリックし、「Webキャプチャ」を右クリックして「ツールバーに表示する」をクリックします。

2)ツールバーに「Webキャプチャ」ボタンが表示されたら、保存したいWebページを開いて「Webキャプチャ」ボタンをクリックします。

3)「エリアをキャプチャする」か「ページ全体をキャプチャ」するかを選択できるので、ページの一部分を画像にする場合は「エリアをキャプチャ」を選択して必要な個所をドラッグします。
見えていない部分を含め、ページ全体を画像にしたい場合は「ページ全体をキャプチャ」を選択して(5)に進んでください。

4)「コピー」か「キャプチャをマークアップ」かを選択するボタンが表示されるので、WordやPowerPointなどに貼り付ける場合は「コピー」をクリックして貼り付けてください。
「キャプチャをマークアップ」をクリックすると、手書きができる画面が表示されます。

5)手書きが必要であれば書き込んで、終わったら右上の「保存」ボタンをクリックすると画像(JPEG形式)として保存できます。

※ショートカットキーの方がよいという人は、【Ctrl】+【Shift】+【S】キーを使ってください。

iPhone標準搭載【メモアプリ】の使い方

iPhoneに入っている「メモアプリ」の便利技を特選街Webに寄稿しました。

【iPhone純正「メモ」アプリの便利ワザ】PDF化や翻訳、パソコンでの使い方など知られざる機能を一挙紹介

基本操作についても、前編、後編に分けて解説しています。

iPhone標準搭載【メモアプリ】の使い方 文字入力からPDFの作成方法まで便利な基本操作を1から解説〈前編〉
iPhone標準搭載【メモアプリ】の使い方 タグの付け方、共有、復元方法など基本操作を1から解説〈後編〉

長いので、目次から興味のある箇所を選んでお読みください。

『スピードマスター 1時間でわかる エクセル』 予約受付中

エクセルの本を執筆しました。

スピードマスター 1時間でわかる エクセル ~これだけ覚えれば仕事はカンペキ!』 技術評論社刊

エクセル初心者向けの解説書です。

文字入力から表作成、グラフ、印刷まで、エクセルで文書を作成するときの一連の流れに沿って解説しました。

初心者がつまづきやすい絶対参照の仕組みも丁寧に解説。

縦書きの文章なので、電車やバスの中でも読みやすいと思います。

実際に操作してみたい人は、技術評論社のサイトからデータをダウンロードして使えるようになっています。

8/24発売です。

Windows11で時計の秒数を表示したい

これまでのWindowsでは、画面右下の時計をクリックすると、
何時何分何秒まで表示されていましたが、
Windows11では、秒が非表示になりました。

販売開始時間が決まっているネットショッピングやゲームなどで使っていた人は
困りますよね。

時計のアプリをインストールして使う方法もありますが、
Windowsの「日付と時刻」の画面を開けば、アナログ時計と一緒に秒数が表示されます。

表示方法は簡単です。

1)画面右下の時計を右クリックし、「日時を調整する」をクリック
2)下部にある「その他の時計」をクリック
3)「日付と時刻」のダイアログが表示されるので
「日付と時刻」タブをクリック


iPhoneでのスクリーンショットを失敗したくない

iPhoneでスクリーンショット(表示されている画面を画像保存すること)を撮るとき、
サイドボタンと音量を上げるボタンを同時に押して撮ることができます。
ですが、失敗すると画面が閉じてしまい、もどかしいですよね。

iOS14からはiPhoneの背面をトントンとダブルタップするだけで、スクリーンショットを撮ることができます。

1)「設定」アプリを開き、「アクセシビリティ」をタップ
2)[タッチ]をタップ
3)[背面タップ]をタップ
4)[ダブルタップ]をタップ
5)[スクリーンショット]タップしてチェックを付ける
6)左上の<をタップして前の画面に戻る
以下、iPhone13 Proの画面です。

画面上にAssistiveTouchボタンを表示させて撮る方法もありますが、
背面タップの方がそのまま使えて便利です。
iOS14であれば、iPhone8以降で使えるので試してみてください。